TOP

キャッシングサービスの利用には当然、定期的な収入がないと話になりません。

金融業者からお金を借り入れするには、当たり前ですが、定期収入がないといけません。金融業者などからお金を貸してもらう場合は、審査項目の最も重要なものとなるこの定期収入があるというのは、毎月、必ず安定した額の収入がある、ということです。けれども、定期的に入るとは言っても、残念なことに「年金」は審査対象外になるケースが少なくないため、注意が必要です。とりわけ、消費者金融では、年金収入のみで借入れ申請がパスできることはまずありません。更に、実際に年収として見た際に、良い稼ぎだった場合でも、いわゆる短い期間のアルバイト、または、休日だけ働いてアルバイトをして収入を得た場合ついても、年金同様、キャッシングはかないません。パート・アルバイトといった形で収入を得ている場合は、毎月ある程度の収入があると申請はパスしやすいです。