TOP

どうしてもお金のやりくりができないとき、その額が少なかったとし…

お金に困ったとき、その額に関係なく、友人や知人などの近しい人から借金をしてしまうと、築いてきた関係が壊れてしまうおそれがあります。これは、自分が貸すほうになった場合にも同様のことが言えます。なので、自分自身がその立場に立たされた時には、少々、そういった意味での覚悟は必要です。普通、他の誰かに自分のお金を貸したいと思っている人は全くいないといっても良いでしょう。それまでの関係があるからと言って約束通り返済される保証なんてありません。また、貸金業者みたいに利息を上乗せして貸し出すわけでもありませんから、リスクはあっても、メリットといえるものがありません。もしも、この先あなたが、お金のやりとりで迷惑を避けたいのであれば、キャッシングを利用するのが良いかもしれません。近頃では、低金利で使える業者も増えていて、利便性も高くなっています。