TOP

20年以上前は、消費者金融は「サラ金」と世間から呼ばれていました。

20年くらい前は、世間では消費者金融のことを「サラ金」と言っていました。この「サラ金」というのは、サラリーマン金融という言葉を略しているのですが、消費者金融がサラリーマンを相手にしている金融業者、であるということから「サラ金」と言われていました。当時は、高い金利でお金を貸すということもあって、世間からすれば印象はよくありませんでした。この時代の悪いイメージをしてしまう昭和世代を基準とした場合、当時とはまったく違う、ここ数年の消費者金融の存在感にはかなりビックリすることでしょう。最近では、「銀行」と連携していることで信用度も増しています。消費者が増え規模が大きくなった影響により、金利についても銀行並みに低く抑えているところも結構増えています。そのうえ、利用における審査基準もやさしく、即時融資もバッチリ扱ってくれるます。なので、万が一、急な借入れが必要なときは、銀行なんかよりも頼りがいがあるかもしれないですね。