TOP

かつて私自身が、キャッシングに頼ることになったのは、転職したことでした。

そもそも、私自身がキャッシングに頼ることになった原因というのが、仕事を変えて、給料の受け取りが、前よりも1ヶ月くらいずれ込んでしまいました。「生活ができない」と思った私は、抵抗はありましたが、新しい職場の担当者さんに給料日を若干前倒ししてもらいたい、と申請したのです。しかし、ダメだと断られてしまいました。選択肢が無かったので、私はキャッシングで食いつなごうと考えました。お金を借りることができ、ひと月先の給料日まで生活していくことができました。それから、真面目に返済すればよかったのですが、何かあるたびにすぐにキャッシングを使用するクセがついてしまい、蟻地獄にハマっていきました。そのうち、だんだんと借金がある状況に慣れ、キャッシングの額はどんどん増え続け、色々な業者から借金をするようになってしまいました。