TOP

消費者金融及び銀行を介して融資してもらう場合、自分の年収に対…

銀行または消費者金融を利用してお金の借入れをする場合は、自分の1年間の収入のうち、3分の1までの借入れしかできない規制があります。この取り決めを「総量規制」といいます。この取り決めは、銀行、消費者金融などの業者側の債権未回収を懸念して作られたものではなく、むしろ消費者側を守るために制定されました。借入額が年収の3分の1以上になると、一般的な生活をしながら返済することはあり得ないということから、3分の1に決定されました。並行して別の金融業者からも融資を受けている場合については、そこで借りているお金もすべてを計算に入れて、自分自身の年収の3分の1までを総量規制の対象としてカウントされます。